101試験 出題範囲(Ver4.0)

LPICレベル1に認定されるためにはこの試験と102試験の受験が必須です。Linuxのすべてのディストリビューションに共通のLinuxプロフェッショナルにとって必要なスキルをカバーしています。この出題範囲はバージョン4.0です。

出題範囲のそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされています。重要度の範囲は概ね1~10であり、それぞれの主題の相対的な重要性を示しています。重要度が高い主題ほど、試験において多くの問題が出題されます。

主題101:システムアーキテクチャ

101.1 ハードウェア設定の決定と構成
重要度 2
説明 基本的なシステムハードウェアを決定および構成できる。
主要な知識範囲
  • 組み込まれている周辺機器の有効/無効を切り替える
  • キーボードなどの外部周辺機器を使用する、あるいは使用しないシステムを構成する
  • さまざまな大容量記憶装置の相違点
  • コールドプラグデバイスとホットプラグデバイスの違いを知っている
  • デバイスに対するハードウェアリソースを決定する
  • さまざまなハードウェア情報をリストするツールおよびユーティリティ(lsusb、lspciなど)
  • USBデバイスを操作するツールおよびユーティリティ
  • sysfs、udev、dbusについて概念的に理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /sys/
  • /proc/
  • /dev/
  • modprobe
  • lsmod
  • lspci
  • lsusb
101.2 システムのブート
重要度 3
説明 システムのブート手順を説明できる。
主要な知識範囲
  • ブートローダに一般的なコマンドを与え、ブート時にカーネルにオプションを指定する
  • BIOSからブート完了までのブート手順について理解していることを示す
  • SysVinitおよびsystemdを理解する
  • Upstartについて知っている
  • ログファイルからブート時のイベントを確認する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • dmesg
  • BIOS
  • bootloader
  • kernel
  • initramfs
  • init
  • SysVinit
  • systemd
101.3 ランレベル/ブートターゲットの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート
重要度 3
説明 システムにおけるSysVinitのランレベルまたはsystemdのブートターゲットを管理できる。これには、シングルユーザモードへの変更と、システムのシャットダウンまたはリブートも含まれる。ランレベル/ブートターゲットを切り替える前にユーザに警告し、プロセスを適切に終了できる。これには、デフォルトのSysVinitのランレベルまたはsystemdのブートターゲットの設定も含まれる。また、SysVinitまたはsystemdの代替機能としてのUpstartについての知識を含む。
主要な知識範囲
  • デフォルトのランレベルまたはブートターゲットの設定
  • ランレベル/ブートターゲット(シングルユーザモードを含む)を変更する
  • コマンドラインからシャットダウンおよびリブートを行う
  • ランレベル/ブートターゲットの切り替えやその他の重要なシステムイベントの前にユーザに警告する
  • プロセスを適切に終了させる
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/inittab
  • shutdown
  • init
  • /etc/init.d/
  • telinit
  • systemd
  • systemctl
  • /etc/systemd/
  • /usr/lib/systemd/
  • wall

主題102:Linuxのインストールとパッケージ管理

102.1 ハードディスクのレイアウト設計
重要度 2
説明 Linuxシステムにおけるディスクパーティションの構成を設計できる。
主要な知識範囲
  • ファイルシステムおよびスワップスペースを別々のディスクやパーティションに割り当てる
  • システムを適切に使用できるように設計を調整する
  • ブートに当たって、/bootパーティションがハードウェアアーキテクチャの要件を満たしていることを確認する
  • LVMの基本的機能
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • / (root)ファイルシステム
  • /varファイルシステム
  • /homeファイルシステム
  • /bootファイルシステム
  • スワップスペース
  • マウントポイント
  • パーティション
102.2 ブートマネージャのインストール
重要度 2
説明 ブートマネージャの選択、インストール、設定ができる。
主要な知識範囲
  • 代替領域からの起動を選択可能にする、ブートオプションをバックアップする
  • GRUBなどのブートローダのインストールと設定
  • GRUB 2で基本的な構成変更を実施する
  • ブートローダを操作する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • menu.lst、grub.cfg および grub.conf
  • grub-install
  • grub-mkconfig
  • MBR
102.3 共有ライブラリの管理
重要度 1
説明 実行可能なプログラムが依存する共有ライブラリを見つけ、必要があればインストールできる。
主要な知識範囲
  • 共有ライブラリを特定する
  • 一般的なシステムライブラリの位置を特定する
  • 共有ライブラリをロードする
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ldd
  • ldconfig
  • /etc/ld.so.conf
  • LD_LIBRARY_PATH
102.4 Debianパッケージ管理の使用
重要度 3
説明 Debianパッケージツールを使用してパッケージ管理できる。
主要な知識範囲
  • Debianバイナリパッケージをインストール、アップグレード、およびアンインストールする
  • パッケージがインストールされているか否かにかかわらず、特定のファイルまたはライブラリを含むパッケージを見つける
  • バージョン、内容物、依存関係、パッケージの整合性、インストール状態などのパッケージ情報を取得する(パッケージがインストールされているか否かにかかわらず)
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/apt/sources.list
  • dpkg
  • dpkg-reconfigure
  • apt-get
  • apt-cache
  • aptitude
102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理
重要度 3
説明 RPMおよびYUMのツールを使用してパッケージ管理できる。
主要な知識範囲
  • RPMおよびYUMを使用してパッケージのインストール、再インストール、アップグレード、削除を行う
  • RPMパッケージのバージョン、状態、依存関係、整合性と署名などの情報を取得する
  • パッケージがどのファイルを提供するか、また、特定のファイルがどのパッケージから提供されるかを判断する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • rpm
  • rpm2cpio
  • /etc/yum.conf
  • /etc/yum.repos.d/
  • yum
  • yumdownloader

主題103:GNUとUnixのコマンド

103.1 コマンドラインの操作
重要度 4
説明 コマンドラインを使用して、シェルおよびコマンドと対話できる。この目標は、bashシェルを使用することを想定している。
主要な知識範囲
  • 1つのシェルコマンドおよび1行のコマンドシーケンスを使用して、コマンドラインでの基本的な作業を行う
  • 定義することを含めたシェル変数の使用と変更、環境変数の参照とエクスポート
  • コマンド履歴の使用と編集
  • 定義済みパス内に存在するコマンドおよび存在しないコマンドの呼び出し
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • bash
  • echo
  • env
  • export
  • pwd
  • set
  • unset
  • man
  • uname
  • history
  • .bash_history
103.2 フィルタを使ったテキストストリームの処理
重要度 3
説明 テキストストリームにフィルタを適用できる。
主要な知識範囲
  • テキストファイルやストリームの出力をテキストユーティリティフィルタに送り込み出力を変更するために、GNU textutilsパッケージに含まれる標準的なUNIXコマンドを使用する。
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • cat
  • cut
  • expand
  • fmt
  • head
  • join
  • less
  • nl
  • od
  • paste
  • pr
  • sed
  • sort
  • split
  • tail
  • tr
  • unexpand
  • uniq
  • wc
103.3 基本的なファイル管理の実行
重要度 4
説明 ファイルおよびディレクトリを管理するための基本的なLinuxコマンドを使用できる。
主要な知識範囲
  • 個々のファイルおよびディレクトリをコピー、移動、削除する
  • 複数のファイルおよびディレクトリを再帰的にコピーする
  • ファイルおよびディレクトリを再帰的に削除する
  • 基本的なものから高度なものまで、ワイルドカード規則をコマンドで使用する
  • findを使用して、種類、サイズ、または時刻を基にファイルを見つけて操作する
  • tar、cpioおよびddの使用方法
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • cp
  • find
  • mkdir
  • mv
  • ls
  • rm
  • rmdir
  • touch
  • tar
  • cpio
  • dd
  • file
  • gzip
  • gunzip
  • bzip2
  • xz
  • ファイル名のパターンマッチ
103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトの使用
重要度 4
説明 テキストデータを効果的に処理するためにストリームのリダイレクトや接続ができる。この作業には標準入力、標準出力、標準エラー出力へのリダイレクト、あるコマンドの出力を別のコマンドの入力にパイプする、あるコマンドの出力を別のコマンドの引数として使用する、出力を標準出力とファイルの両方に送るといったことが含まれる。
主要な知識範囲
  • 標準入力、標準出力、標準エラー出力をリダイレクトする
  • あるコマンドの出力を別のコマンドの入力にパイプする
  • あるコマンドの出力を別のコマンドの引数として使用する
  • 出力を標準出力とファイルの両方に送る
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • tee
  • xargs
103.5 プロセスの生成、監視、終了
重要度 4
説明 基本的なプロセス管理を行える。
主要な知識範囲
  • ジョブをフォアグラウンドやバックグラウンドで実行する
  • ログアウト後にも実行が継続されるようにプログラムにシグナルを送信する
  • 活動中のプロセスを監視する
  • プロセス群を選択し、並べ替えて表示する
  • プロセスにシグナルを送信する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • &
  • bg
  • fg
  • jobs
  • kill
  • nohup
  • ps
  • top
  • free
  • uptime
  • pgrep
  • pkill
  • killall
  • screen
103.6 プロセスの実行優先度の変更
重要度 2
説明 プロセスの実行優先度を管理できる。
主要な知識範囲
  • 作成されるジョブのデフォルトの優先度を知っている
  • デフォルトよりも高い、または低い優先度でプログラムを実行する
  • 実行中のプロセスの優先度を変更する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • nice
  • ps
  • renice
  • top
103.7 正規表現を使用したテキストファイルを検索
重要度 2
説明 正規表現を使用してファイルおよびテキストデータを操作できる。これには、いくつかの表記要素から成る簡単な正規表現の作成も含まれる。また、正規表現ツールを使用して、ファイルシステムまたはファイルの内容からの検索を実行することも含まれる。
主要な知識範囲
  • いくつかの表記要素から成る簡単な正規表現を作成する
  • 正規表現ツールを使用して、ファイルシステムまたはファイルの内容からの検索を実行する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • grep
  • egrep
  • fgrep
  • sed
  • regex(7)
103.8 viを使った基本的なファイル編集の実行
重要度 3
説明 viを使ってテキストファイルを編集できる。これには、viの操作、基本的なviモード、テキストの挿入、編集、削除、コピー、検索が含まれる。
主要な知識範囲
  • viを使用してドキュメントを表示する
  • 基本的なviモードを使用する
  • テキストを挿入、編集、削除、コピー、検索する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • vi
  • /, ?
  • h,j,k,l
  • i, o, a
  • c, d, p, y, dd, yy
  • ZZ, :w!, :q!, :e!

主題104:デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

104.1 パーティションとファイルシステムの作成
重要度 2
説明 ハードディスクなどのメディア上でディスクパーティションを構成し、ファイルシステムを作成できる。これには、スワップパーティションの操作も含まれる。
主要な知識範囲
  • MBRパーティションテーブルの管理
  • 各種のmkfsコマンドを使用して、以下のようなさまざまなファイルシステムを作成する
    • ext2/ext3/ext4
    • XFS
    • VFAT
  • ReiserFS および Btrfsについて知っていること
  • GPTでのgdisk および parted についての基本的な知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • fdisk
  • gdisk
  • parted
  • mkfs
  • mkswap
104.2 ファイルシステムの整合性の保守
重要度 2
説明 標準的なファイルシステムだけでなく、ジャーナリングファイルシステムに関連付けられたデータも維持できる。
主要な知識範囲
  • ファイルシステムの整合性を確認する
  • 空きスペースおよびinodeを監視する
  • 単純なファイルシステムの問題を修復する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • du
  • df
  • fsck
  • e2fsck
  • mke2fs
  • debugfs
  • dumpe2fs
  • tune2fs
  • XFS ツール(xfs_metadumpおよびxfs_infoなど)
104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントの制御
重要度 3
説明 ファイルシステムをマウントするための設定ができる。
主要な知識範囲
  • ファイルシステムを手作業でマウントおよびアンマウントする
  • ブート時にファイルシステムをマウントするよう設定する
  • リムーバブルなファイルシステムをユーザがマウントできるように設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/fstab
  • /media/
  • mount
  • umount
104.4 ディスククォータの管理
重要度 1
説明 ユーザ用のディスククォータを管理できる。
主要な知識範囲
  • ファイルシステムにディスククォータを設定する
  • ユーザのクオータレポートを編集、確認、生成する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • quota
  • edquota
  • repquota
  • quotaon
104.5 ファイルのパーミッションと所有者の管理
重要度 3
説明 適切なパーミッションと所有者権限を使用して、ファイルへのアクセスを制御できる。
主要な知識範囲
  • 通常ファイル、スペシャルファイル、およびディレクトリに対するアクセスパーミッションを管理する
  • SUID、SGID、スティッキービットなどのアクセスモードを使用して、セキュリティを維持する
  • ファイル作成マスクの変更方法を把握する
  • グループフィールドを使用して、グループメンバーがファイルにアクセスできるようにする
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • chmod
  • umask
  • chown
  • chgrp
104.6 ハードリンクとシンボリックリンクの作成・変更
重要度 2
説明 ファイルに対するハードリンクとシンボリックリンクを作成して管理できる。
主要な知識範囲
  • リンクを作成する
  • ハードリンクとソフトリンクを識別する
  • ファイルのコピーとリンクの違い
  • システム管理業務をサポートするためにリンクを使用する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ln
  • ls
104.7 システムファイルの確認と適切な位置へのファイルの配置
重要度 2
説明 典型的なファイルの位置とディレクトリの分類を含む、FHS(Filesystem Hierarchy Standard:ファイルシステム階層標準)について熟知している。
主要な知識範囲
  • FHSにおけるファイルの正しい位置を理解している
  • Linuxシステムで、ファイルやコマンドを見つける
  • FHSで定義されている重要なファイルやディレクトリの位置や目的を知っている
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • find
  • locate
  • updatedb
  • whereis
  • which
  • type
  • /etc/updatedb.conf
ページトップへ