102試験 出題範囲(Ver4.0)

LPICレベル1に認定されるためにはこの試験と101試験の受験が必須です。Linuxのすべてのディストリビューションに共通のLinuxプロフェッショナルにとって必要なスキルをカバーしています。この出題範囲はバージョン4.0です。

出題範囲のそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされています。重要度の範囲は概ね1~10であり、それぞれの主題の相対的な重要性を示しています。重要度が高い主題ほど、試験において多くの問題が出題されます。

主題105:シェル、スクリプト、およびデータ管理

105.1 シェル環境のカスタマイズと使用
重要度 4
説明 ユーザの要求に応じてシェル環境をカスタマイズできる。全体のプロファイルおよびユーザのプロファイルを変更する。
主要な知識範囲
  • ログイン時または新しいシェルを生成したときに、環境変数(PATHなど)を設定する
  • よく使用する一連のコマンド用にBashの関数を作成する
  • 新しいユーザアカウント用のスケルトンディレクトリを保守する
  • コマンドサーチパスを適切なディレクトリに設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • .
  • source
  • /etc/bash.bashrc
  • /etc/profile
  • env
  • export
  • set
  • unset
  • ~/.bash_profile
  • ~/.bash_login
  • ~/.profile
  • ~/.bashrc
  • ~/.bash_logout
  • function
  • alias
  • lists
105.2 簡単なスクリプトのカスタマイズまたは作成
重要度 4
説明 既存のスクリプトをカスタマイズしたり、簡単なBashスクリプトを新規作成できる。
主要な知識範囲
  • 標準的なshの構文(ループ、テスト)を使用する
  • コマンド置換を使用する
  • コマンドによって返される、成功または失敗を示す戻り値やその他の情報をテストする
  • 条件に応じて、スーパーユーザにメールを送信する
  • 先頭行(#!)を利用して、適切なスクリプトインタプリタを選択する
  • スクリプトの位置、所有権、実行権、SUID権を管理する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • for
  • while
  • test
  • if
  • read
  • seq
  • exec
105.3 SQLデータ管理
重要度 2
説明 データベースを照会し、基本的なSQLコマンドを使用してデータを操作できる。これには、2つのテーブルやサブセレクトの結合を伴うクエリーの実行も含まれる。
主要な知識範囲
  • 基本的なSQLコマンドを使用する
  • 基本的なデータ操作を実行する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • insert
  • update
  • select
  • delete
  • from
  • where
  • group by
  • order by
  • join

主題106:ユーザインターフェイスとデスクトップ

106.1 X11のインストールと設定
重要度 2
説明 X11のインストールと設定ができる。
主要な知識範囲
  • Xサーバがビデオカードおよびモニターをサポートしていることを確認する
  • Xフォントサーバについて知っている
  • X Windowの構成ファイルについての基本的な理解と知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/X11/xorg.conf
  • xhost
  • DISPLAY
  • xwininfo
  • xdpyinfo
  • X
106.2 ディスプレイマネージャの設定
重要度 1
説明 LightDMディスプレイマネージャの基本機能の説明と設定ができる。ここでは、ディスプレイマネージャのXDM (X Display Manager)、GDM (Gnome Display Manager)、およびKDM (KDE Display Manager)が対象となる。
主要な知識範囲
  • 基本的なLightDMの設定
  • ディスプレイマネージャをオンまたはオフにする
  • ディスプレイマネージャの起動画面を変更する
  • XDM、KDMおよびGDMについて知っている
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • lightdm
  • /etc/lightdm/
106.3 アクセシビリティ
重要度 1
説明 アクセシビリティ技術について理解していることを示す。
主要な知識範囲
  • キーボードアクセシビリティ設定(AccessX)の基本的な知識
  • ビジュアル設定とテーマの基本的な知識
  • AT(Assistive Technology:支援技術)の基本的な知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • スティッキー/リピートキー
  • スロー/バウンス/トグルキー
  • マウスキー
  • ハイコントラスト/拡大印刷デスクトップテーマ
  • スクリーンリーダー
  • 点字ディスプレイ
  • スクリーン拡大鏡
  • オンスクリーンキーボード
  • ジェスチャー(ログイン時に使用、GDMなど)
  • Orca.
  • GOK.
  • emacspeak.

主題107:管理業務

107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理
重要度 5
説明 ユーザアカウントの追加、削除、一時停止、変更ができる。
主要な知識範囲
  • ユーザおよびグループを追加、変更、削除する
  • パスワード/グループデータベースにあるユーザ/グループ情報を管理する
  • 特別な目的を持つ制限付きのアカウントを作成、管理する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/passwd
  • /etc/shadow
  • /etc/group
  • /etc/skel/
  • chage
  • getent
  • groupadd
  • groupdel
  • groupmod
  • passwd
  • useradd
  • userdel
  • usermod
107.2 ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化
重要度 4
説明 cronまたはanacronを使用して定期的にジョブを実行したり、atを使用して指定時刻にジョブを実行できる。
主要な知識範囲
  • cronおよびatでジョブを管理する
  • ユーザがcronおよびatサービスにアクセスできるよう設定する
  • anacronの設定
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/cron.{d,daily,hourly,monthly,weekly}/
  • /etc/at.deny
  • /etc/at.allow
  • /etc/crontab
  • /etc/cron.allow
  • /etc/cron.deny
  • /var/spool/cron/
  • crontab
  • at
  • atq
  • atrm
  • anacron
  • /etc/anacrontab
107.3 ローカライゼーションと国際化
重要度 3
説明 システムを英語以外の言語にローカライズできる。スクリプトでLANG=Cが役立つ理由についても理解する。
主要な知識範囲
  • ロケール設定と環境変数を設定する
  • タイムゾーン設定と環境変数を設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/timezone
  • /etc/localtime
  • /usr/share/zoneinfo/
  • LC_*
  • LC_ALL
  • LANG
  • TZ
  • /usr/bin/locale
  • tzselect
  • tzconfig
  • date
  • iconv
  • UTF-8
  • ISO-8859
  • ASCII
  • Unicode

主題108:重要なシステムサービス

108.1 システム時刻の保守
重要度 3
説明 システム時刻を適切に維持し、NTPによって時計を同期できる。
主要な知識範囲
  • システムの日付および時刻を設定する
  • ハードウェアの時計にUTCの正確な時刻を設定する
  • 正しいタイムゾーンを設定する
  • 基本的なNTP設定
  • pool.ntp.orgサービスの使用について知っている
  • ntpqコマンドについて知っている
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /usr/share/zoneinfo/
  • /etc/timezone
  • /etc/localtime
  • /etc/ntp.conf
  • date
  • hwclock
  • ntpd
  • ntpdate
  • pool.ntp.org
108.2 システムのログ
重要度 3
説明 syslogデーモンを設定できる。これには、ログ出力を中央のログサーバに送信するようログデーモンを設定すること、または中央のログサーバとしてログ出力を受け入れることも含まれる。systemd のジャーナルサブシステムの使用も含まれる。また、システムログ代替機能としてのrsyslog およびsyslog-ngについての認知も含まれる。
主要な知識範囲
  • syslog デーモンの設定
  • 標準的なファシリティ、優先度、およびアクションの理解
  • logrotateの設定
  • rsyslog および syslog-ngについて知っていること
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • syslog.conf
  • syslogd
  • klogd
  • /var/log/
  • logger
  • logrotate
  • /etc/logrotate.conf
  • /etc/logrotate.d/
  • journalctl
  • /etc/systemd/journald.conf
  • /var/log/journal/
108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本
重要度 3
説明 一般的に使用可能なMTAプログラムについて理解し、クライアントホストで転送とエイリアスの基本的な設定を行える。その他の設定ファイルについては対象外となる。
主要な知識範囲
  • 電子メールのエイリアスを作成する
  • 電子メールの転送設定をする
  • 一般的に使用可能なMTAプログラム(postfix、sendmail、qmail、exim)について知っている(設定は含まない)
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ~/.forward
  • sendmailエミュレーション層のコマンド newaliases
  • newaliases
  • mail
  • mailq
  • postfix
  • sendmail
  • exim
  • qmail
108.4 プリンタと印刷の管理
重要度 2
説明 CUPSおよびLPD互換インターフェイスを使用して、印刷キューおよびユーザの印刷ジョブを管理できる。
主要な知識範囲
  • 基本的なCUPSの設定(ローカルプリンターおよびリモートプリンターに対して)
  • ユーザの印刷キューを管理する
  • 一般的な印刷に関する問題を解決する
  • 設定済みの印刷キューに対して、ジョブを追加および削除する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • CUPSの設定ファイル、ツール、ユーティリティ
  • /etc/cups/
  • lpdのレガシーインターフェイス(lpr、lprm、lpq)

主題109:ネットワークの基礎

109.1 インターネットプロトコルの基礎
重要度 4
説明 TCP/IPネットワークの基礎を適切に理解していることを示す。
主要な知識範囲
  • ネットワークマスクとCIDR表記法について理解していることを示す
  • プライベートとパブリックのドット区切り形式のIPアドレスの違いを知っている
  • 一般的なTCPおよびUDPのポート (20, 21, 22, 23, 25, 53, 80, 110, 123, 139, 143, 161, 162, 389, 443, 465, 514, 636, 993, 995)について知っている
  • UDP、TCP、およびICMPの違いや主な機能について知っている
  • IPv4とIPV6の主な違いについて知っている
  • IPV6の基本的な機能について知っている
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/services
  • IPv4, IPv6
  • サブネット化
  • TCP, UDP, ICMP
109.2 基本的なネットワーク構成
重要度 4
説明 クライアントホスト上の設定を参照、変更、確認できる。
主要な知識範囲
  • ネットワークインターフェイスの設定を手作業および自動で行う
  • ホストの基本的なTCP/IP設定
  • デフォルトルートを設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/hostname
  • /etc/hosts
  • /etc/nsswitch.conf
  • ifconfig
  • ifup
  • ifdown
  • ip
  • route
  • ping
109.3 基本的なネットワークの問題解決
重要度 4
説明 クライアントホスト上のネットワークに関する問題解決ができる。
主要な知識範囲
  • ネットワークインターフェイスおよびルーティングテーブルを手動および自動で設定できる。これには、ネットワークインターフェイスの追加、起動、停止、再起動、削除、および再設定が含まれる
  • ルーティングテーブルを変更、参照、設定し、不適切なデフォルトルート設定を手作業で訂正する
  • ネットワーク構成に関連する問題をデバッグする
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ifconfig
  • ip
  • ifup
  • ifdown
  • route
  • host
  • hostname
  • dig
  • netstat
  • ping
  • ping6
  • traceroute
  • traceroute6
  • tracepath
  • tracepath6
  • netcat
109.4 クライアント側のDNS設定
重要度 2
説明 クライアントホスト上のDNSを設定できる。
主要な知識範囲
  • リモートDNSサーバの問い合わせ
  • ローカルの名前解決を設定し、リモートDNSサーバを使用する
  • 名前解決の実行順序を変更する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/hosts
  • /etc/resolv.conf
  • /etc/nsswitch.conf
  • host
  • dig
  • getent

主題110:セキュリティ

110.1 セキュリティ管理業務の実施
重要度 3
説明 システム構成を調べて、ホストのセキュリティをローカルセキュリティポリシーに従わせる方法を知っている。
主要な知識範囲
  • システムを監査して、SUID/SGIDビットが設定されているファイルを探す
  • ユーザのパスワードおよびパスワードエージング情報を設定または変更する
  • nmapおよびnetstatを使用して、システムの開いているポートを見つける
  • ユーザのログイン、プロセス、メモリー使用量を制限する
  • 基本的なsudoの設定および利用方法
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • find
  • passwd
  • fuser
  • lsof
  • nmap
  • chage
  • netstat
  • sudo
  • /etc/sudoers
  • su
  • usermod
  • ulimit
  • who, w, last
110.2 ホストのセキュリティ設定
重要度 3
説明 基本的なレベルのホストのセキュリティを設定する方法を知っている。
主要な知識範囲
  • シャドウパスワードおよびその機能について知っている
  • 使用していないネットワークサービスをオフにする
  • TCPラッパーの役割について理解している
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /etc/nologin
  • /etc/passwd
  • /etc/shadow
  • /etc/xinetd.d/
  • /etc/xinetd.conf
  • /etc/inetd.d/
  • /etc/inetd.conf
  • /etc/inittab
  • /etc/init.d/
  • /etc/hosts.allow
  • /etc/hosts.deny
110.3 暗号化によるデータの保護
重要度 3
説明 公開鍵技術を使用して、データおよび通信を保護できる。
主要な知識範囲
  • 基本的なOpenSSH 2クライアントの設定および利用方法
  • OpenSSH 2サーバのホストキーの役割について理解している
  • 基本的なGnuPGの設定および利用方法
  • SSHポートトンネル(X11トンネルを含む)について理解している
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ssh
  • ssh-keygen
  • ssh-agent
  • ssh-add
  • ~/.ssh/id_rsa および id_rsa.pub
  • ~/.ssh/id_dsa および id_dsa.pub
  • /etc/ssh/ssh_host_rsa_key および ssh_host_rsa_key.pub
  • /etc/ssh/ssh_host_dsa_key および ssh_host_dsa_key.pub
  • ~/.ssh/authorized_keys
  • /etc/ssh_known_hosts
  • gpg
  • ~/.gnupg/
ページトップへ